先祖代々の土地

8月 25th, 2014

ずっと同じ土地で代々暮らしてきたというケースは、さまざまなところで存在する事例です。父や祖父が守りつづけた土地、たとえば農業を生業にしている場合、転々と移動するということが困難です。作物を育てるための場所、毎年収穫するための畑は、簡単に移動させることができません。どっしりと土地を構えて農業に勤しんできた方、代々それが続いてきた方にとっては、そこは職場であり、暮らす場所でもあり、自身が生まれてきた場所でもあればそのまま眠りにつく場所でもあるのです。

そのようなことを考えると、その土地を手放すということはなかなか考えづらいことでもあります。ずっと生きてきた土地で、親の世代、その前の世代が守り続けてきた場所。そのような敷地を売却するなんてとんでもないと考える方も多いものです。
すぐに売却するならこちら

ですが時代は移り変わるもので、自身が守りたいと考えているのであればそれはそれでいいのですが、そうではない場合、新しい領域に踏み込みたい、新しい生き方を実践したいと考えている場合は、そのような敷地を売却することは新しい一歩に踏み込むということになります。自身がこれから切り開いていく道、そして自身の子どもや孫に残していく道、同じことを繰り返してきたことは悪いことではないですし、それで安定して生きていけるのであれば正しい選択といえます。

ただ、自分の人生は自分で決めるものですし、土地に縛られてやりたいことができなくなるということは、それはその場所を守り続けてきた先祖からしても本意ではないことだと感じないでしょうか。安心して生きていける土台に甘えるのではなく、新しい事業に踏み出したり、自身の夢を叶えるために邁進したりすることは、それもまた人として正しい生き方です。

土地の活用法を考える

土地というのは持っているだけで固定資産税などがかかってきます。
ですから何もしないで眠らせておくのはもったいないわけです。

そこでいかに土地を活用していくのかということが重要です。

最近では駐車場として活用することが増えているようです。

それというのもコインパーキングならば、車一台分の狭い土地でも有効に活用することができるからです。

また駐車場の場合ですと、もしもそこに建物を建てることになったとしても撤去作業などが簡単だという理由も挙げられます。

コインパーキングのように機械を設置しなくても大丈夫というのも大きいです。

コストもかかりませんし、例え月極めで貸していたとしても住居のように借地見当が発生しないということもメリットと言えます。

あえてデメリットをあげるとするのならば、駐車場のある立地条件によって駐車場の貸し出す値段や借りる台数など収益に大きな差があるということでしょう。

しかし元から自分の土地ですからさほど大きな問題ではないはずです。

土地は値段が変わる

9月 16th, 2014

土地は値段が変わる
土地は一律で結構高いものだと考えている人多いのではないでしょうか。
購入するだけで結構高い買い物というものには間違えはありませんが、結構ピンからキリまであるので、あなたも購入することができるかもしれません。
一坪いくらという換算の仕方なので、自分が必要なだけ購入するのにいくらくらいかかるのかということがわかりますね、駅から遠いとか、昔どういった場所だったかなどが、土地の値段に比例したりします。
土地の値段が高ければ高いほど、結構いい土地だったりするので、もし、お金に余裕があるならば高い土地を購入したほうがいいでしょう。
人に貸したりすることもできるので、高いところを持っていることはとても重要なことなのです。
もし、購入する機会があった場合には、ぜひともしっかりとそこのことを調べることをお勧めいたします。
そして、いいところを見つけることがとても大事です。
あなたも探してみてはいかがでしょうか、楽しいかもしれません。

土地の立地による日当たりについて

8月 21st, 2014

土地の立地による日当たりについて
土地はどこでも購入できるという訳ではなく、誰も住んでいない事が絶対条件です。
しかし都心部ではほとんど土地は余っておらず、空きが出たとしてもすぐに企業が買い取って事業に生かしてしまいます。
そんな時には土地選びに焦ってしまってつい満足のいかない土地を購入してしまいがちです。
求める条件は人によって様々ですが、多くの人が求めているのは日当たりについてです。
住宅を日当たりが良くなる設計にしたくても、周りにビルが多ければ多いほどに日当たりが悪くなります。
そうなれば住宅のそういった設計も出来なくなるので、日当たりに関しては妥協せずに、多少郊外になったとしても場所にだけ妥協するようにしたいところです。
これは洗濯物が良く乾くという事によって日当たりが気にされますが、日光が人間にもたらす影響はこれだけではありません。
朝に太陽光を浴びることによって体が活性化します。
そして日光に当たる事によって精神的にも安定する事になるので日当たりは非常に重要な事柄です。

土地の購入の仕方とは

7月 30th, 2014

土地の購入の仕方とは
土地にはいろいろありますが、利用する方法によって変わります、自分の家を作る、自分の会社を作る、駐車場にするなど、いろいろと活用する方法はありますが、それにあったものでなくては仕方がありません。
土地を購入する際はどういったニーズが求められているのかしっかりと調べる必要があります。
それぞれ自分にあったものを購入することで活用をすることができるのです。
その土地によって、使用する方法というものは異なるために、その土地にあった活用をしないと、意味はありません。
購入するためには、いろいろとリサーチをする必要があるということですね。
何に活用するにしても、その土地にあっている方法でないとまったく意味がありませんので、あなたの目的をしっかりと持った上で、それにあったものをしっかりと調べて購入することをお勧めいたします。
しっかりと調べて、購入することで、生かすことができるのです。
ぜひともしっかりと調べてから購入してください。

不動産は購入以外にも

7月 5th, 2014

日本ではビジネスの情報が多く公開されています。
これらの特徴は、最新の話題を取り上げていることです。

そのため、すぐに内容で人気のキーワードが判断できます。
今では不動産などお言葉がインターネットにも多くあります。

不動産は購入以外にも使い方があります。
それは誰かに貸すという手法です。

そうすることで、個人は様々なメリットを得ることができるのです。
また、現代には不動産を扱うためのノウハウを特集するサイトなどもあります。

こういったサポートもあり、不動産は高い支持を集めています。
そして、これらは近年でも最高の利益を出しているジャンルです。

インターネットなどにあるのは、主に不動産の比較などです。
ユーザーは最新の情報を見ることで、自分の将来を左右していくことができます。

また、この情報はビジネスにも応用できます。
特に今は不動産サイトなどがあるので、会員になっておくことがお得です。

様々なサイトでは、特に会員に対して優れた情報のサービスもあります。

地下に向かって伸び続ける現代の土地利用の進化

7月 2nd, 2014

地下に向かって伸び続ける現代の土地利用の進化
現代の土地利用においては、空に向かって伸び続ける高層建築と並んで、地中に向かって伸びる地下空間の利用というものが、しだいに大きな位置を占めるものとなってきています。
この地下空間の利用法の典型とも言えるものが、その当初には、地面の下を走る鉄道である地下鉄であり、そして、地面の下に広がる都市空間である地下街である、と言うことができるでしょう。
このように、現代の土地利用とは、もはや平面的に横に広がるだけの土地利用のみではなく、一方では空に伸びる高層建築としての利用であり、そしてもう一方が、この地下に伸びる地底空間の利用である、立面的な上下に伸びる土地利用なのです。
特に、地下空間の利用というものは、今後、ますます拡大し進化して行くものであると考えられます。
既に、地下4階、5階という利用は当たり前のものとなってきていて、近い将来には、地下10階、20階というものも、かつて高層建築がたどった進化の道であったように、当たり前のものとして現出してくるでしょう。

土地選びの際には災害時も想定しておく

6月 30th, 2014

土地選びの際には災害時も想定しておく
出来るだけ災害に遭いにくい土地を探すのは当たり前の事です。
しかし、探す時点でそういったことに拘り過ぎて実際に巻き込まれたときに対処出来なくなる場合があります。
どんなに安全そうな土地であっても、どんな災害が起こる可能性があるかよく考えておくことが大切です。

日本は地震が非常に多い国であるので、地震によってどのような影響が出るのかを考えておく事が重要です。
例えば近くに川があるのであれば地盤が緩い場合があります。

これは仕方の無い事であり、これらの川は大雨の時だけではなく地震の時でも氾濫する可能性があります。
いざそういう事態に陥った場合はどのような場所に逃げればいいのか、その土地の事を知っておく必要があります。
そして、田舎に住む場合には出来るだけ山の近くには住まないようにします。

大雨が降っただけで崖崩れが起こって家が潰されてしまうようなケースも多いです。
これらを未然に防ぐことは出来ないので対策をしっかりと立てておくことが大切です。

家の周囲に公園がある物件はおススメ

6月 23rd, 2014

よく家を買う時に公園の前がいいと言われます。
それは絶対に家が建たないから。

よっぽどの事がない限り、公園を潰して家にすることはありません。
そのことが頭の中にあったせいでしょうか、この家を買う時には公園の前を選びました。

公園と言ってもすごく小さくて、ほとんど子どもが遊びに来る事はありません。
時々犬の散歩の人が来る程度です。

しかし、公園が家の前にあることで家がないのはもちろん、他にもいいことがあります。
それは常に手入れされた緑が楽しめること。

色々な樹木が生えているので、春夏秋冬借景として楽しむことが出来ています。
春には桜が咲いて家でお花見が出来るんですよ。

秋にはもみじや楓などが真っ赤になり、とっても美しいです。
うちの庭にはどちらの木も生えていないので、公園のおかげとしか言いようがありませんね。

このように、家の周囲に公園がある物件はいいことがいっぱいなので、購入するといいんじゃないかと思いますね。

案外あっさりと建売住宅を買った話

5月 28th, 2014

我が家は3年前に新築の建売住宅を購入しました。
それまでアパートに暮らしていたのですが、犬を飼っているため他のアパートに引越すにしても種類が少なく、主人の転勤もないのでマイホームを買う事にしました。

初めはお金も無いし、マイホームなんて考えたことも無かったのですが、アパートに暮らしていると毎日のようにポストに中古住宅や建売住宅のチラシが入ってくるので、何となく眺めてみると『買えなくもない』と言う事が分かりました。
とはいえ、本格的に家を買う気が無いのに見学に行くなどと言う事は失礼だと思ったので、ひとまず中古住宅を専門に扱っている不動産屋さんに行ってみました。

一応、希望価格や場所、間取りなどを伝えて、お店の人に検索してもらうと該当する物件がゼロでした。
ちょっと拍子抜けしたのと、それで勢いが付いたので、そのお店の近くにあった建売住宅を見学しに行きました。

値段はかなり安いのですが、庭が広くて、案外室内がシンプルで使いやすい印象で、主人と気に入ってしまい、詳しい話を聞きつつ検討することにしました。
自宅に帰ってから、家を買うかどうするか話し合いました。

数日かけて話し合っているうちに「あのリビングにこんな家具を置きたい」とか「庭に家庭菜園を作りたい」など具体的に暮らしている状況が想像できるようになってきたので、購入することに決めました。
縁のある物件と言うのは、こんなにあっさり購入するものなのだと、今考えても不思議な気がします。